注意事項
facebookはじめました

2020年12月04日

久々にインスタをちゃんとやってますw

1.jpg

気がつけば、今年もはや12月。

この1年は、コロナで始まり、コロナに終わるといった感じです。
仕事でもプライベートでもいろいろなことが延期・中止となり、テレワーク、オンライン授業などコロナ時代の新しい試みを体験する機会も得ました。

ここ数年ボチボチとやっていたインスタグラムも、ちょっと気合いを入れて更新するようになりましたw。一時は1万2000人ほどいたフォロワーも気がつけば、1万人。まあ、フォロワーを増やしたくてインスタをやっている訳ではありませんが、それでもフォロワーが多いのは嬉しいですよね。

日本では「インスタ栄え」など、とにかく見栄えて、フォロワー数やいいね!の数を増やすことが大優先。まあ、それが何かしらお金につながるということだから、そういうのもありだと思います。

僕の場合は、ひたすら自分の世界観の追求ですかねw。
僕のフォロワーは、実はほとんど日本人がいません。

99%が海外の人。

国別でいうと、1位アメリカ、2位タイ、3位中国、4位フランス、5位フランス、6位イランといった感じです。

日本は全く入ってきませんw。

2位タイと6位イランのランクインの理由は、それぞれの国の著名のインスタユーザーまたは著名人が僕のアカウントをどこかで紹介してくれたようです。

相互フォローで仲の良いユーザーとは、メッセージでやりとりを頻繁にしていますが、彼らのほとんどが、クリエイティブ、メディアに関わる業界の人達。(一部、卓球関係者もおりますが・笑)

無論、ベースはいつも英語です。僕の中でインスタは唯一、英語脳になれる時間です。最近はフランス、ドイツのモデルさん達とIG上でコラボ作品作ろうか〜!などと盛り上がっていますw。

SNSの使い方は人それぞれ。

自分にとってプラスの場になれば、それにこしたことはないですよねw
posted by ヒラヤマユウジ at 13:08| 気ままな日記

2020年11月27日

GOTOいいんじゃないの

2018-10-18 18.37.50-1-5.jpg

この1年ブログはあまり更新できなかったけど、なんか書く内容はいつもコロナ関連のことばかり・・・・。


GO TO EAT、GO TO トラベルと、経済を立て直すためのGO TOシリーズで小売店や観光業にちょっと活気が戻ってきたという矢先に、感染者数が過去最高になってしまいました・・・。

ネットをみると、やはり当然のようにネット民達が「いったいどうするんだ!」「やるべきでなかった!」と騒ぎ出すw。


ストレートに言うと、僕はやってよかったと思ってます。
まあ、僕自身は忙しくてGO TOシリーズにはほとんど貢献していませんが、やはり試行錯誤しなくてはいけません。きっと政府が予想していた感染者数に予想よりはやく到達してしまったのではないでしょうか。

なので、次回はもっとこうしよう・・・といった新しい試みが、withコロナの現在の生活スタイルの方向性を導いてくれるのではないかと思っています。

正直、この国は感染者数が増えても他国に比べて、そこから重症化になったり、死亡にいたるケースの数字が低いというのがまだ幸いしています。唯一の問題は医療現場の状態。

ここがしっかり確立できれば、感染者数が増えてもドン!と構えていられるのではないかと思います。
もう今後もしばらくコロナが続くという過剰な想定のもとでも構わないと思うのですが、コロナ対策をしっかりした医学科などの新設、コロナ専門の病棟や施設の準備などをどんどんしたらよいと思います。

ここの部分の人員の教育と、施設の準備が要ではないのかな〜っと思います。

もし今後ワクチンによりコロナがうまくコントロールできるようになれば、それはそれでいいじゃないですか。その時は、コロナ専門施設は一般の病院になり、スタッフ達は他の科に流れていくという感じでしょうか。

あっ、それとも現在ほとんど健康保険のレントゲン技師をコロナ専用のスタッフにするのはよいかもしれません。無駄なお金払わされてる健康保険者の身になっても・・・笑。

posted by ヒラヤマユウジ at 17:17| 気ままな日記

2020年10月19日

スポーツの秋

2020-10-18 12.04.11-1.jpg

今年はコロナ騒動で、いろいろな催しが延期、中止となり、ビジネス的にもプライベート的にもとても残念な1年になっています。本来なら、東京オリンピックが開催され、ビジネス的にも順調で、今頃は東京オリンピックの余韻に浸っているといった予定だったのですが・・・汗。

そして大好きな卓球なども、僕の出場できるレベルの大会でも延期、中止が今年1月に入ってから続いていました。それに伴い唯一生活スタイルの中でカラダを動かす健康づくりであった卓球も、ラケットを握らないまま1年弱の月日が過ぎていました。

やはり若い頃と異なり、それだけ長い間運動をしていないと、あっという間に体力が落ちてしまうんだな〜っということを感じました。体力が落ちると、集中力が落ちたり、持続力が落ちたりと、仕事にも影響をあたえてしまいます。

そんな中、約1年ぶりに地元の卓球の大会が開催。久しぶりに思いっきり汗をかきました。
成績は全然よくありませんでしたが、卓球仲間と共に楽しい時間を過ごすことができました〜。

勝てたらもっと楽しかったのかもしれませんが、それ以上に参加して、思いっきり試合できたことが最高でした。試合感覚や体力がもどってくれば、もっと楽しめるようになると思います〜。

冬になるとどうなるのかわかりませんが、このままコロナが落ち着いてくれること切に願いますね。
posted by ヒラヤマユウジ at 15:22| 気ままな日記

2020年10月05日

RIP KENZO

kenzo.jpg

山本寛斎氏に続き、橋賢三氏のコロナ感染による死亡のニュースに再びショックを受けることに。
日本にはイッセイミヤケ、KENZO、コシノジュンコなど世界的に活躍するファッションデザイナーは多くいるが、フランスにおいての橋氏の存在は他の日本のデザイナーとは別格でした。

90年代、僕がパリに住んでいた頃も、日本のファッションデザイナーというと、KENZOという名前以外を知らない人が多かった。パリを拠点に活動していたために、日本の人々にとっては名前は聞いたことがあってもよく知らないという人は多いかもしれないが、フランスではとても有名なデザイナーであった。

KENZOブランドは僕もかなり好きで、10代〜20代の頃にはよく着ていました。

僕のクライアントが、パリの賢三氏の住居屋上にある日本庭園の庭師で、いろいろと賢三氏の話は聞いていましたが、賢三氏に会うためにこの庭師に弟子入りしようかな〜っと思ったこともありましたw。

きっと日本の経済が80〜90年代のように潤っていれば、多くの人が様々なファッションブランドを着て楽しむのかもしれませんが、ユニクロやH&Mといったものが流る日本の長期経済不況から脱せない経済下においては、パリコレなどは三の次になってしまいますね。そういった意味で、経済がどんな状態にあろうとファッションの街パリを拠点に活動されていた賢三さんの生き方は羨ましいです。

コロナが落ち着いたら、僕も海外に脱出する計画立てたいですね・・・・。

ご冥福をお祈り申し上げます。

posted by ヒラヤマユウジ at 11:38| クリエイター的生き方

2020年08月26日

今更ながら「下町ロケット」

blog.jpg

コロナ禍の影響もあり、テレワークなどによって自宅にいる時間が長くなりました。

そしてここ何十年かぶりに、日本のテレビドラマをライブで見るという機会も増えました。そして話題となっているTBSの「半沢直樹」もそんなドラマのひとつです。とはいっても、前作は見ていないので、微妙な人間関係がつかめないシーンもありますが、それでもなかなか楽しいです。

知人「半沢直樹」が面白いなら、の同じ原作の「下町ロケット」も見てみたら?

とのアドバイスをもらい、WEB配信されていた「下町ロケット」も見てみたところ、ハマりましたw。

やはりクリエイターという肩書きのとおり、もの作りに対する熱い想いは、技術屋さんもクリエイターも同じです。無論、世界トップレベルの技術力に対する品質と拘りと、僕の携わるクリエイティブのレベルでは月とスッポンと言われるかもしれませんが、でも熱い想いは一緒ですねw。

それが世に出たとき、クライアントや世の人に認められたとき、役に立ったときの感動はひとしおです。特になかなか思ったような最終形にたどり着けず、それが認められ、喜んでもらえたときの嬉しさは言葉では表せませんね。

知人「下町ロケット」どうだった?
ヒラヤマ いやいや、よかったよ〜。やはりものづくりへの情熱というものを改めて自分自身にも考えさせられる作品だったね〜。三上博史氏の演技もよかったね〜?
知人「えっ三上氏?。主役は阿部寛氏だよね?」
ヒラヤマ「阿部寛出てなかったけど・・・・汗」

全然話が合いません・・・・・・。

そう僕が見ていたのは2011年にwowowにて放送されていたバージョンで、知人が勧めてくれたのは2015年にTBSで放送された
バージョン・・・。

改めて阿部寛主役のバージョンを見てみることに。

うーん、三上氏主役のものを先に見てしまったせいか、キャラクターの性格がいきなり変わってしまった。また次から次に出てくる悪役的キャラも個性的な面々の描写が多く、濃すぎ感満載っといった感想。でもこの演出は現在放映されている「半沢直樹」と同じでもあります。

つまり、何を最初に見るかと言うことがとても大事なんだと痛感しました・苦笑。

できる技術屋さんのイメージは、やはり三上さんの見せ方の方が僕は好きかもしれないですねw


posted by ヒラヤマユウジ at 14:07| 気ままな日記